TOP > メガネ選び

メガネと目のお話・・・。 エブリデー・エブリアイ

10月10日は「目の愛護デー」。これは、10月10日を横にしてのまゆと目に見たてたもので、
目を大切に という意味をこめて昭和6年に決められました。

目の衛生思想の普及のため昭和26年に、厚生省と、日本眼科医が中心になってこの日を
行事化し、トラホームや近視の予防など、失明者の福祉を広く呼びかけるようになりました。

最近では、 トラホームのような病気は、ほとんどなくなりましたが、情報社会に入り、テレビ、
コンピューターと、目を酷使する環境が多くなって、屈折異常が年々増える傾向にあります。

たとえ目を酷使しても、目は忠実に働き続けてくれますが、目ヘの“いたわり”を忘れていま
すと、知らず知らずのうちに、かけがえのない大切な目を悪くしてしまうことになります。

目は脳にも匹敵するほど精巧なもの、とよく言われます。小さな異常にも細心の注意を払わ
なければなりません。当然、そのデリケートな視力を補正するメガネは、正確に調整することを
要求されるのは当たり前です。

ですから、厚生省は、メガネレンズを医療用具に指定し、その取扱いに注意を呼びかけている
わけです。その日その日が「目の愛護デー」と考えてひとりひとりが、かけがえのない視力を大
切にしたいものです。


〒565-0855

大阪府吹田市佐竹台2-3-7
日本眼鏡技術専門学校内

TEL06-7897-8551

月〜金(9〜5時)

スマートフォンサイトへ