TOP > メガネ選び > 学生たちの目

学生たちの目

成長期の学生たちの目は、変化が激しく、通常の年に1回の視力測定では、
充分とはいえません。しかも大切な学業と視力は因果関係が多いと云えます。

 ○黒板の字を書き写すのに時間がかかったり、見間違って写す。

 ○顔を近づけて読んだり、書いたりする。

 ○野球、 ドッチボール等の球技が思うように出来ない。失敗が多い。

 ○集中して一つのことが出来ない。

 ○友達等に声をかけられるまで、人の顔がわからない。

 このように学業にも学生生活にも影響が考えられます。また、

 ○メガネを掛けた顔を笑われたりからかわれた。

 ○友人に、メガネを貸してくれと言われた。

 ○特にファッション的なメガネでないと使わない。

 逆に、
 ○メガネが欲しいが、親に言い出せない。

 ○それ程視力が悪くないが、メガネが欲しい。

 ○メガネを掛けることによって、友人の仲間入りができる。

等、思春期の学生たちの体と心は変化が激しく、お父さん、お母さんの対応もむつかしくなって来ます。
充分に眼科医に相談したり、学校とも話し合う必要があります。

メガネ店でも特にベテランの技術者にご相談下さい。

〒565-0855

大阪府吹田市佐竹台2-3-7
日本眼鏡技術専門学校内

TEL06-7897-8551

月〜金(9〜5時)

スマートフォンサイトへ