TOP > メガネ選び > 学壮年期をむかえると

壮年期をむかえると

壮年期を過ぎるころから、体力が衰え始めるように、目の調節力にも変化があらわれます。

ほぼ、45歳ぐらいから、本を遠ざけなければ読みにくい、うす暗い所ではかすむ、
といった症状が現れてきます。

人間は誰しも進んで老化を認めたくはないものですが、しかし調節力が低下しているのに
老眼鏡をかけないでいると、いろいろな面で不都合なことが生じることにもなります。

見にくい近い距離で、無理にピントを合わせるのですから、調節作用を酷使することになり、
さらに調節力に負担がかかり疲れがいっそう増加することになります。

目が疲れるだけでなく、精神的にも疲れ、イライラの原因や肩こり、頭痛などを起こすことになります。

 ○気がつくと本や新聞を遠ざけて見ている。

 ○読んだり書いたりする時、行や欄を間違う。

 ○明るい所へ読む物を向けている。

 ○この頃、読み書きに以前より時間がかかる。

 ○名刺などの電話番号を間違う。

 ○近頃、物を見たり読んだりした後、疲れを感じる様になった。


この様な老視の症状が現れた場合、OGSのメガネ店で、
あなたの希望に合った正しいメガネをつくって、快適な視生活を送ってください。


組合事務所
〒 530-0002
大阪市北区曽根崎新地1丁目
  3−18 ツルタ眼鏡店内
TEL/FAX 06-6348-8000


公益社団法人 
日本眼鏡技術者協会 
大阪府支部
〒577-0831
東大阪市俊徳町2-5-20 1F
  レンズビーンズ内
TEL/FAX 06-6729-5882



スマートフォンサイトへ