TOP > メガネ選び > メガネレンズは医療用具

メガネレンズは医療用具

メガネレンズは、厚生省の薬事法で医療用具として取り扱うことを定められています。

近年、メガネの世界にもファッションの波が押し寄せ、格好よさのみが求められるようになり、
また中には、安いからといって安易にメガネを求める方があります。

しかし、メガネは本来、病気を直す“くすり”と同じように、屈折異常や目の病気を考慮したうえで、
あなたに合ったものを選ばないと何の効果もありません。

“くすり”の処方を間違えれば大事をひき起こすことと同じことが、メガネにも言えるのです。

正しいメガネは、その人の視力に合わせてつくるオーダーメードで、
ただ単にレンズとフレームを組み合わしただけでは、本当のメガネとは言えません。

この大切なメガネをつくる技術者は、眼科医と共に協力して、目の健康を守り、
目の病気の早期発見等の総合的なコンサルテング活動をもって、
人々の福祉向上に貢献する使命を持っています。


「間違わないメガネ選び」の第1歩、それは、「安心できるメガネ店を選ぶこと」と
「熟練した技術者に心ゆくまで相談すること」この簡単なポイントを覚えておいて下さい。

〒565-0855

大阪府吹田市佐竹台2-3-7
日本眼鏡技術専門学校内

TEL06-7897-8551

月〜金(9〜5時)

スマートフォンサイトへ