TOP > メガネ選び > ママ、こどもたちの目の赤信号

こどもたちの目の赤信号

目の健康を守るためには、まず、バランスのとれた食生活と、適度の学習、野外での運動が必要です。
また、目を必要以上に疲れさせないことが大切です。


 ○長時間の学習や読書をさける。

 ○よくない姿勢で物を見ることをさける。

 ○長時間のテレビ視聴をさける。

 ○直射する光、明滅する光のもとで目を酷使しない。

 これらの常識的なことに注意し、目のつかれをできるだけ避けるようにしてください。
 また、子供の目の異常や病気は、日頃の何げないクセのなかに意外に表れて発見できるものです。

 ○テレビを見る時、いくら注意しても前へ寄って見る。

 ○テレビを見ている時、両眼を細くするかアゴを引いて下から見上げる。

 ○頭を横に傾けて見る。

 ○顔を横にそむけるようにして見る。

 ○前方のものを見る時、あごを上げて見たり、おでこに横しわを寄せる。

 ○近くのものを注目した時に限り、片方の目が内又は外に寄る。

 ○絵本に興味がない、読んでも根気がない。

 ○戸外へ出ると、いかにもまぶしそうに目をとくに細くする。


このような症状を、単なるクセだと片づけず、目の異常を早く発見してやり、
眼科医やメガネ店に相談しましょう。

〒565-0855

大阪府吹田市佐竹台2-3-7
日本眼鏡技術専門学校内

TEL06-7897-8551

月〜金(9〜5時)

スマートフォンサイトへ